無くても困らないものは何?ものを減らすだけで暮らしが楽になる

住まい・暮らし・お金
hamama
hamama

こんにちは!

hamamaです。

便利グッズと聞くと、ついついほしくなったり、新商品と聞けば試したくなったり、買ったけど気づけば使わないまま引き出しの奥にしまい込んでいるものはありませんか?

私自身、断捨離が大好きで、毎週ゴミの日が来るたびにいらないものを探しています。

そんな、私が捨ててよかったもの捨ててよかった考え方を紹介します。

身の回りには、無くても困らないものはたくさんありますよ!

このブログでは以下のポイントを紹介します。

  • 無くても困らないもの
  • 無くても困らない考え方
  • シンプルな暮らし

さっそくみてみましょう!

スポンサーリンク

無くても困らないもの

ここでは、私自身が暮らしていく中で、無くても困らないものを紹介します。

キッチン

キッチンには、いらないものがあふれています。

見直すだけでも、すっきりとした暮らしができます。

調理便利グッズ

便利なものには終わりがないです。多少無くても何とかなることが多いです。不便を受け入れることで、買い物の機会が少なくなります。便利だけど、頻度に使わないため、ずっと引き出しの中にあるものなってしまいがちです。

使っていない食器

使っていない食器や、お客さん用の食器など出番の少ない食器は、無くても困りません。

無料の割りばしやスプーン

タダでもらえるので、使わなくてもついついもらいがちですが、使わないとわかっている時は、あえてもらわない。

調味料

調味料はシンプルなもだけにすると、冷蔵庫の中やキッチン周りがスッキリします。

いろんな種類の鍋があると便利と思いますが、毎日使うものは同じだったりします。

ストックしすぎない

たくさんのストックがあると、安心しますがあるのに、買ってしまったり、使いたい時に見つからなかったり気づけば賞味期限が切れていることも。ストックがないと、買い物時も何が必要かがはっきりとわかります。

リビング

長い時間を過ごすリビングには、たくさんの物を置きがちになります。

おしゃれなインテリア

部屋を飾るおしゃれなインテリアは、何気にほこりをためたり、お掃除が大変だったりします。実用性がないのなら手放すと、お部屋もスッキリとし、お掃除も楽になります。

ラグ(カーペット)

ほこりがたまりやすいカーペットは無くすとお掃除が楽に。カーペットは頻度に洗濯できないのでほこりが気になります。カーペットを無くすだけで開放感がうまれます。

hamama
hamama

カーペットは無くていいのですが、子供が小さいと、床の落書きや傷がすごく今は仕方なくカーペットを敷いています。

もう少し下の子(2歳)がわかるようになれば処分する予定です。

テーブル

ご飯を食べるダイニングテーブルは必要ですが、それ以外のテーブルは無くてもいいです。ソファーの横の小さなテーブルなど無くてもいいです。

ゴミ箱

ゴミ箱は家に一つ!もしくは2つです。いろんな場所にゴミ箱を置くより、ゴミが出たときはゴミ箱へ捨てにいく習慣がつきます。

なくても困らないもの

なくても困らないものはまだまだたくさんあります。

洋服

たくさんの洋服や2年以上着ていない服。お気に入りの服を着るだけでも気分が上がります。服を減らすと、気に入ったものしか買わないという気持ちにもなりますよ。

バスタオル

体をふく大きなタオルは、洗濯の時に場所を取り邪魔になります。大きなタオルがいいときは、ミニバスタオルなど、少し小さなものに変えるだけでもストレスが減少します。

マット類

トイレマットやお風呂マットは無くても困りません。お風呂マットは珪藻土マットに変えるだけで、洗濯ものも減ります。

テレビ

テレビの電気代は高く、テレビを無くすと受信料の支払いが必要なくなります。

hamama
hamama

子供がいると、テレビは必需品かもしれません。私たち夫婦はテレビを見ることはないですが、子供たちはテレビがないと嫌だと言います。テレビがなければ、無い暮らしもできるかもしれませんが、テレビの断捨離は我が家は難しく、手放せそうにないです。

洗剤

いろんな種類の洗剤は正直必要ないです。兼用できるものは洗剤の兼用をし、たくさんの洗剤を捨ててみるとスッキリとします。

芳香剤

家のニオイは必要ないです。頻度に芳香剤を使うと、お金もかかります。

無くても困らない考え方

私自身は、無くても困らないと思うことがたくさんあります。

あって当たり前だったもの、実家にはあるもの、親から言われること、周りの人が持っているもの。自分の中で、必要か必要ではないかを判断するだけで、暮らしはすごく楽になります。

たくさんの友達

友達はたくさんいた方がいい、ずっと思っていました。友達少ないと寂しい人。でも、本当に大切な人はたくさんいらない。付き合う人が少ないと、行きたくないランチや飲み会の参加も減り、無駄遣いが減りました。本当に会いたい人と一緒にご飯を食べるとストレスも減ります。

新商品や流行

新しいものは試してみたい、流行にのりたい。特にほしい物でもないのに、流行っているから、新しいからと試す必要もないです。自分が本当に興味のあるものにだけお金を使うのが大切です。

お金をかけなくても楽しめる

週末子供を連れてお出かけをすると、どうしてもお金がかかります。買う予定のないものをねだられたり。でも、お金を使わなくても、公園でも子供たちは楽しんでくれます。ママやパパと一緒に遊べるだけで子供たちは喜びます。無理してどこか遠くに出かけなくても公園にお弁当を持っていくだけでも、家族で楽しむことができます。

親の考え

昔と今では時代がかわっています。自分たちの親の時代は当たり前のことも、今の時代は必要ないこともあります。たくさんの保険やもったいないと物を大切にする気持ちは無くてもいいです。

シンプルな暮らし

シンプルな暮らしをすると、気持ちにも時間にも余裕がうまれます。

たくさんのものに囲まれた生活の方が、必要な時に使いたいものがあるからと安心するかもしれませんが、実際は無くても何とかなることが多く、無ければないなりに生活ができます。便利なものだけど、わざわざこのために便利グッズは必要?不便なことになれると、特に新しくものを買う必要もなくなります。

時間の余裕が生まれる

シンプルな暮らしをすると、ものにあふれることもないので、探しもがすぐに見つかり、掃除にも時間がかからなくなります。

お金が貯まる

必要最低限のものだけでいいと思えば、無駄にものを買うことがなくなります。今あるもので何とかしようという気持ちが大切です。

本当に必要なものが見えてくる

あって当たり前なものを無くすと、なにが大切なのか自分で見極める力が身に付きます。

まとめ

無くても困らないもの

キッチン

  • 調理便利グッズ
  • 使っていない食器
  • 無料の割りばしやスプーン
  • 調味料
  • ストックしすぎない

リビング

  • おしゃれなインテリア
  • ラグ(カーペット)
  • テーブル
  • ゴミ箱

無くても困らないもの

  • 洋服
  • バスタオル
  • マット類
  • テレビ
  • 洗剤
  • 芳香剤

無くても困らない考え方

  • たくさんの友達
  • 新品や流行
  • お金をかけなくても楽しめる
  • 親の考え

便利だから、安いから気づけばものであふれる暮らしをしていませんか。無くても困らないもの、実は必要ではなかったこと。すこし考え方を変えるだけでも、暮らしはシンプルになりますよ。

参考にしてもらえたらうれしいです。

合わせて読みたいこんな記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました