年子はかわいそう?上の子への接し方は?年子ママ経験談

育児

こんにちは!

hamamaです。

年子ってかわいそうなイメージをもたれます。

私も実際に、妊娠を義理の母に伝えた時に「上の子が、かわいそう」と言われました。

妊娠中は、体が重くてたくさん抱っこしてあげられない。

出産の時はママが入院し、家にいなくなると思えば、数日後小さな赤ちゃんを、家に連れて帰ってきて構ってあげれない日々が続く。

など思われがちですが、実際はそうでもないですよ!

私自身、3歳と2歳の男の子の年子ママをしています。

この記事では、以下の3つを紹介しています。

  • 年子ってかわいそうなの?
  • 年子の上の子の接し方
  • 年子で良かったこと

さっそくみてみましょう!

スポンサーリンク

年子ってかわいそうなの?

年子ってかわいそうなイメージをもたれます。

上の子が1歳でまだまだ甘えたい時期なのに、下の子が表れてママを取られてしまうと思われがちです。

ですが、3歳でも4歳でも甘えたい子はみんな同じですし、1歳とまだ幼いうちに兄弟ができた方が、意地悪で下の子を叩いたり、嫉妬をしたりとまったくありませんでした。

下の子は、ミルクやオムツのお世話だけでよく、終わればすぐに上の子の相手ができるので、上の子も特にさみしがることもなく、一緒にミルクをあげたりと楽しむことができますよ。

年が近い分、嫉妬をしたり叩いたり赤ちゃん返りなどがまったくなく、過ごせます。

たしかに、まだ小さいのにすぐに下の子ができてかわいそうなイメージもありますが、上の子もまだ1歳とう年齢で、よくわかっていないところがあり、下の子はミルクとオムツのお世話だけになるので、上の子との時間もしっかりとれます。

年子ってかわいそうと思われがちですが、そんなことないですよ。

年子の上の子の接し方

年子育児だと、上の子の接し方が気になりますね。

年子育児は、上の子を優先に子育てをします。

上の子のわがままもたくさん聞いてあげたり、下の子がお昼寝中は2人で散歩に出掛けたり、パパに下の子を預けてお出かけしたりしました。

現在3歳と2歳の兄弟ですが、上の子はたくさん構ってもらった分、繊細で慎重派です。

下の子は、ほったらかしで育った分、たくましいです。

親としては同じように育てたはずですが、兄弟で全く性格が、違います。

年子育児だと、上の子中心になってしまいます。

年子で良かったこと

年子で良かったことはたくさんあります。

下の子が、産まれたばかりの時は大変でしたが、年子で良かったことはたくさんありますよ。

  • 2人が仲がいい
  • 赤ちゃん返りがない
  • あっという間に楽になる
  • お下がりが使える

2人が仲がいい

喧嘩もしますが、兄弟仲良く遊んでくれます。

下の子は、上の子が幼稚園に行っている間は、ママと2人ですが上の子がいないと退屈そうにしたりします。

上の子は幼稚園から帰ってくると、下の子に抱き着いたりします。

お互いが居て当たり前の存在なので、どちらかが居ないとさみしがったり、心配したりしています。

赤ちゃん返りがない

年子だと、上の子の赤ちゃん返りがまったくないです。

年が近い分、ママを取られた感覚はないみたいで、まったく赤ちゃん返りはありませんでした。

ですが、ママをめぐっての喧嘩は勃発します。笑

あっという間に楽になる

年子は、本当に毎日慌ただしく大変ですが、大変な時期はあっという間です。

下の子も、上の子がすることは、自分もできると思っています。

順番に入園もやってくるので、上の子が入園して2年後、3年後に下の子が入園という風にならないので、あっという間に1人の時間を作れるようになりました。

お下がりが使える

上の子のお下がりを、すぐに使えるので嬉しいです。

下の子の分を取っておく期間も短いので、物があふれることがないです。

年子って大変ですが、メリットがたくさんありますよ!

まとめ

  • 年子ってかわいそうなの?
  • 年子の上の子の接し方
  • 年子で良かったこと

年子ってかわいそうなイメージをもたれます。

私は、義理の母に妊娠を報告した時に、「まぁ~〇〇君、お兄ちゃんになるの?かわいそう」と言われ傷つきました。

ですが、実際に下の子を出産し、2人の母親になりましたが、子供たちがかわいそうと思うことはありませんでした。

むしろ、遊び相手がいて楽しそうでした。

一人っ子の子に「2人の喧嘩はいつ始まるの?」と聞かれ、興味津々に年子兄弟に喧嘩をしろと言っているのをみて、「喧嘩のできる兄弟っていいじゃん!」と思いました。

年子はかわいそうじゃないです。

これから、年子育児をするママは、忙しい日々が始まると思います。

上の子に、かわいそうな思いをさせるかもなんて思うことなく、自分らしい楽しい子育てをしてもらいたいです。

このブログが、少しでも役に立てばうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました