4歳児でも遊べるおすすめボードゲーム5選!

住まい・暮らし・お金

こんにちは!

hamamaです。

最近、4歳の息子がボードゲームにはまっています。

4歳児にはボードゲームは早いのでは?と思うかもしれませんが、しっかりルールを説明することで一緒に遊べるようになり、息子もボードゲームにはまりました。

今回は、4歳児でもできるおすすめのボードゲームを5つ紹介します。

さっそくみてみましょう!

スポンサーリンク

ボードゲームの効果は?

ボードゲームは、子供いい効果があります。

ボードゲームやカードゲームは遊びながら、子供の多様な力を伸ばしてくれます。

  • 論理的思考
  • 表現力
  • 記憶力
  • 想像力
  • 判断力
  • 器用さ
  • 推理力
  • 心理的駆け引き力
  • 理解力

他にも、ルールを守る、決まり事を理解し、順番を守って遊べるようになりました。ボードゲームを始めた頃は、ルールを説明したり、守らなかったりと一緒にスムーズに遊べるようになるまでは親は大変です。ですが、できるようになると子供も親も一緒に楽しめるようになります。

ボードゲームでは楽しく遊べ、子供にうれしい効果をもたらしてくれます。

4歳でも遊べるボードゲーム5選

ここでは、4歳児でも遊べるボードゲームを紹介していきます。

その1 なんじゃもんじゃ

対象年齢・・・4歳~

プレイ人数・・・2~6人で遊べる

プレイ時間・・・15分程度

ボードゲームというよりはカードゲームとうい感じです。

カードをめくるたびに、奇妙な生き物に名前を付けていきます。名前を付けたカードが再度出たとき、その生き物の名前を早く叫んだほうが勝ちになります。

3歳の時は、難しくあまりできませんでしたが、4歳になり再度チャレンジストと一緒に遊べました。

その2 ゴブレットゴブラーズ

対象年齢・・・5歳~大人

人数・・・2人

プレイ時間・・・5分~10分

マルバツゲームの進化版です。

縦、横、斜めと同じ色をそろえます。コマの大きさも、大中小とあり、小さいコマに大きなコマをかぶせることができるので、なかなか頭を使います。

3歳のころは難しくできませんでしたが、4歳になると一緒に遊べるようになりました。

その3 イチゴリラ

対象年齢・・・3歳~

プレイ人数・・・2~6人

プレイ時間・・・10~20分

イチゴリラは神経衰弱です。

神経衰弱と少し違うのが、絵柄を合わせるのと、多いものだと5枚同じ絵柄をそろえなくてはいけません。

集中力、記憶力が問われます。大人でも5枚同じ絵柄をそろえるのは難しいです。

イチゴリラは、ルールも簡単だったので3歳ごろから少しずつ遊べるようになりました。

その4 ダイヤモンド

対象年齢・・・6歳から

プレイ人数・・・2~3人

プレイ時間・・・30分前後

敵のコマを利用して、もっとも早く、自分の陣地にゴールできるかを競います。

自分の番が来ると、コマを一つずつ動かします。相手の駒が目の前にあると飛び越えれたり、王様だといっきに飛べたりします。

見た目は難しそうですが、意外にシンプルで4歳の息子はすごくはまっています。

その5 コピット

対象年齢・・・5歳~

プレイ人数・・・2~4人

プレイ時間・・・30分前後

帽子取りゲームです。

さいころをふり、出た目好きな方向に進みます。止まったところに相手のコマがいると、そのコマをもって自分の陣地に戻ります。最終的に、コマをたくさん集めた人が勝ちになります。

こちらもすごく、シンプルで遊びやすいです。

4歳児でも遊べるボードゲームを紹介しました。

ダイヤモンドや、コピットはスタジアムなどを購入するとほかのゲームもついてきてお得です。

我が家は、ボードゲームスタジアムを持っています。

もう少し大きくなれば、オセロやチェス、将棋などでも遊べます。

ボードゲームスタジアムは1個で14個のゲームがついてますよ。

まとめ

4歳児が遊べるボードゲーム

  • なんじゃもんじゃ
  • ゴブレットゴブラーズ
  • イチゴリラ
  • ダイヤモンドゲーム
  • コピット

4歳児が遊べるボードゲームを紹介しました。

少し前までは、まだ遊べないと思っていたものも、気づけば一緒に遊べるようになったりと、子供の成長はすごく早いです。

ボードゲームは、遊びながら、多様な力を伸ばしてくれます。

ぜひ、子供と一緒にたくさんのボードゲームにチャレンジしてみてください。

このブログが少しでも役に立つと嬉しいです。

ボードゲームスタジアムDXもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました